文字サイズの変更
標準
最新情報
2016年02月28日(日)

鬼怒川決壊の水害で例年より2か月遅れのトマトの生育状況



9月におきた関東、東北豪雨により、鬼怒川の決壊で甚大な被害を受けた石下農場のトマトの生育状況です。
2か月遅れの定植でかなり不安でしたが,だいぶ成長してきました。本来なら1月下旬には収穫となったはずですが、このまま行くと今年は初収穫が3月下旬となりそうです。収穫は2か月ぐらい遅れますが、後の仕事が決まっているため、終わりは一緒の7月下旬。どれだけ収量が減るのか、まだまだ不安はつきません。写真は現在のトマトの生育状況です。